地獄!ハードコア歌謡!衝撃的ホラー!放送事故系ダンス!バカ映画!
2011年3月26日(土)
場所:ふらんす座
(広島市中区十日市町1丁目4-32 森本ビル3F http://franceza.jugem.jp/
Open 18:00 / Start 18:30
料金 1200円 + 1drink order

MC ai7n(アイン)
スペシャルゲスト 小嶋独観(珍寺大道場)
ゲスト タカ・シーゲル、田中P&OKY48、マエダヤスオ(映像温泉芸者)
SHOP ぽんぽんにないない、Muff'in

*ご予約は、アイン宛のお問い合わせフォーム(http://dnc.mond.jp/contact/)か、
ヲルガン座/(電話082-295-1553/mail[francezainfo@gmail.com])にてお願いします。
その際、お名前と人数、お電話番号をおねがいします。
一定人数に達しましたら、完売とさせていただきます。

ai7n(アイン)がふらんす座にてお送りするスーパーACIDな一夜!
凄いゲストを交えながらのトーク&プレゼン&ライブ&映画でお送りする
密度の濃すぎる4時間(予定)!
当日は以下のラインナップでお送りする予定!(当日、予告無しに出演者と出演プログラムが変更になる場合がございます。ご了承ください。)
「小嶋独観+ai7nによるプレゼンショー〜地獄編〜」と題して、日本・タイ・台灣の地獄巡りスポットをご紹介!ヤバい!
おそらくたぶん全世界の殆どの人が見た事がないであろう衝撃的なホラー映画を上映!レアい!
S田中&OKY48&トキによる放送事故系ダンシングコンサート!みんなが気になっている田中さんへのインタビューも予定。
タカ・シーゲルによる広島ハードコア歌謡ショー!突き抜けた歌声とパフォーマンスは見逃しちゃ駄目!
マエダヤスオ(映像温泉芸者)セレクトの短編バカ映画を連続上映!腹が捩れて涙鼻水が止まらない事間違いなしの大爆笑をお約束します!
SHOPではつちのこや××な本を売る予定!買ってね☆
日常では絶対に味わえない衝撃的なネタを揃えてお待ちしておりますので、
是非!一度!お越しください!!!
お問い合わせはこちら

スペシャルゲスト 小嶋独観(こじまどっかん) 
ウェブサイト「珍寺大道場」道場主。日本のユニークな神社仏閣、ファンキーな神様、不思議な信仰を求めて東奔西走の日々。
民俗、芸術、宗教、建築、歴史など様々な視点から現代の信仰シーンを照射する珍寺ライター。
雑誌「ワンダーJAPAN」(三才ブックス)にて連載。好きな地獄は黒縄地獄。

ウェブサイト「珍寺大道場」 http://www41.tok2.com/home/kanihei5/
ゲスト S田中 & OKY48 & トキ
謎の AKB大好きシンガー「S田中」。普段は平凡な会社員のため、顔出しNGです!イケメンぶりは現地でご確認ください。
そんな 「S田中」がプロデュースする噂のJK風ダンサーズ「OKY48」。
メンバーは本当に普通の女の子達なので顔は基本秘密です。可愛らしさ・さわやかさは当日のお楽しみに。皆様どうか、「家族目線」で推してやってくださいね!
ゲスト タカシーゲル
1970年7月30日生まれ。旅人。休日は農作放棄地の開墾に精を出す。地元、呉市安浦町で晴耕雨読の日々。春になったら稲作の季節。
三次市卑弥呼蔵、ヲルガン座のロマンティック男子などの企画にて、オリジナル曲を歌唱。
地元安浦町の町民ミュージカルに出演しています。今年、6月には広島市南区民文化センタースタジオにて、劇団のマルゲキGaTSUNの公演に出演します。

★★★マルゲキガツンスペシャル公演★★★
タイトル、キャスト等決定次第、随時ココで報告していきます!
ズンズン進んでいく姿を一緒に感じてください!
★場所:広島市南区民文化センター2Fスタジオ
★日時 (2011年)(開場は開演30分前から)
  6月4日(土) ①19:00〜
  6月5日(日) ②11:00〜/③15:00〜
★チケット発売予定日・・・2011年4月9日(土)
劇団のブログ http://yaplog.jp/marugekigatsun/
ゲスト マエダヤスオ
映像温泉芸社 広島支店 マエダヤスオ(身分:自主映画活動家)
【プロフィール】
1967年広島生
大阪の大学に進学した際、バカ映画で狂い咲いていた関西自主映画界に触れ、どっぷりつかる。
帰広後、広島の自主映画団体、BOX MAN FILMと出会い、広島での活動を開始
1993年、東京転勤、映像温泉芸社立ち上げにかかわり、そのまま17年所属。出演、企画、その他色々担当。
2004年より広島の年末上映会「バカ映画の夕べ」の企画構成を担当。
2010年、再帰広、映像温泉芸社 広島支店を名乗り、活動再開。

【映像温泉芸社とは?】
1993年、関東の娯楽系自主映画上映イベント「ゴールデンエクストラフィルムショー」より、そのゴールデンエクストラ映像製作研究会からスタートした団体。「ゴールデン〜」なき後、映像製作研究会は名前を「映像温泉芸社」(「芸者」ではなく「芸社」)と変え、年に数回のペースで芸社視点で集められたエンタテインメントな自主映画(バカ映画率高し)やアーティストを迎えての興行を行なっている。
尚「映像温泉芸社」が他の自主映画上映イベントと異なる点として「自主映画」製作における悪しき習慣もネタにして笑い飛ばすという姿勢にある。
マジメに自主映画を製作している側からすればかなり迷惑な団体といえよう。
今のとこの悩みは構成員の高齢化。平均年齢40台はそう遠くない。
お問い合わせはこちら
最新のアシッドナイトはこちら